陸屋根や片流れ屋根のお宅で、少し太陽光発電設置が難しいなぁと思われた人も、まだ太陽光発電の設置を検討することはできます。

太陽光発電は、必ずしも屋根に設置するものではないからです。

もし、広い敷地や農地を持っていれば、そのスパースに太陽光発電を設置することができます。

場合によっては、屋根より多くの太陽光発電を設置することができるので、発電量も期待でき、多くの売電収入を得ることも可能かもしれません。

また、屋根が難しい場合はカーポートに太陽光発電を設置するというのも良い方法です。

屋根よりか背が低いので、メンテナンスも簡単です。

しかし、屋根以外に太陽光発電を設置する場合は注意してほしいことがあります。

それは、設置するのに補強工事や土台が必要な場合があります。

また、農地を使う場合は農地転用の許可申請が必要になります。

さらに、自治体によっては屋根以外の太陽光発電の設置には補助金を出していない場合もあります。

屋根以外に設置する場合は、事前によくチェックしておきましょう。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed.